出身高校OB限定のメーリングリストで後輩と仲良くなった方法

もう10年以上前になりますが、ネットで出身高校OB限定のメーリングリストに参加して、そこで5期ほど後輩に当たる男性と知り合いました。メーリングリストではみんなでメールを書いて交流していたのですが、そのうち、何となく気が合う感じがして、その男性と1対1でメールをしあうようになりました。高校の後輩だし、中学も同じであることが分かり、住所も近くて、子供のころにごく近所に住んでいたことなども分かって、親近感が沸きました。

いろいろ思い出話をやり取りしたり、その男性がコンピュータのコンサルタントの仕事をしていて、特にマッキントッシュのコンピュータに詳しいので、いろいろとパソコンについてのことを教えてもらったりして、仲良くなりました。4ヶ月ぐらい、毎日メールのやり取りをしてから、向こうが「一度会いませんか。」と言ってきました。

それで、やはり高校の先輩がやっている喫茶店で待ち合わせをして彼と初めて実際に会いました。思っていたより、とても真面目そうでいかにも理系の秀才といった雰囲気の人でした。生真面目で紳士的な、礼儀正しい人だったので、話していても警戒心はなかったし、ずっとメールのやり取りをしていてお互いのことをいろいろ知っていたので、初めて会ったという気がしませんでした。同じ中学と高校の出身者であるということも、警戒心がなくなる理由の一つでした。とても真面目で清潔な感じの礼儀正しい人だったので、ほっとしたし、安心してお話ができて楽しかったです。

(E.Y.・58才・神奈川県)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+