禁欲的な生活を送る

ひたすら禁欲的な生活を送ってみました。
傷付いてたし寂しかったけど、自分の何かを変えなければ同じことの繰り返しだって思って、とりあえず恋愛はお休みすることにしました。その結果、家族や友人のありがたみがすごく良くわかったんですよね。それまでは恋愛至上主義というか、友人たちにも「彼氏を優先するから」と宣言してましたし、彼氏が誰よりも大事で優先していました。が、いざ失ってしまうと、自分が空っぽになるんですよね。でも、変わらず傍にいてくれて心配してくれた友人は一生の宝ものだって気付きました。で、友人との交流を大事にしていたら楽しくて、あっという間に彼氏のことが過去になっちゃってました。(LEOX・37才・京都府)

次の素敵な人と出会うように、積極的に合コンや友達に紹介してもらうことだと思います。前の人が忘れられるまで次から次へと紹介してもらうことだと思います。新しい世界がまた登場しますので過去を振り返る暇はありません。どんどん前へそして新しい世界を広げるべく、どんどん紹介をしてもらうことだと思います。きっと素敵な出会いがあります。(かっつん・48才・東京都)

月並みですが、新しい恋をしたら立ち直れる速度が段違いです。
私の場合は、失恋した彼の友達が新しい恋の相手でした。
彼の友達だからそれまで面識もあって一緒に遊んだりもしてましたし、なかなか面白い人だなって思ってたんです。
まさか恋の相手になるとは思っていませんでしたが、彼との関係が修復できなくなった時に相談に乗ってもらい、その時にすごく感覚が合うというか、価値観が合うのがわかって。
彼氏とのことに傷付きながらも、彼の友達に聞いてもらっているうちに、いつの間にか大事な存在になっていました。(LEOX・37才・京都府)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+