ネットで名言集を見つけノートに写経のように書き写す手法

ネットで名言集なんかを見て、自分の心に響いたものをノートに写経のように書き写しました。たとえば「止まない雨はない」「次に出会う人が運命の人」などベタなものやら、失恋の歌の歌詞をまるごと一曲分などなど、共感できたものをとりあえず書きました。書いているうちに少しずつ気持ちが整理されていきました。今そのノートを見返すと大変恥ずかしい気持ちになりますが、その時は一生懸命だったんだなぁとしみじみ思います。人には見せられませんが。(プーク・30才・千葉県)

長年付き合っていた彼と別れたとき、引越しをしました。同棲状態だったので住まいを分かつのは物理的に必要だったことですが、まったく違う環境に身を置き換えるのは良い気分転換になりました。引越し作業、その後の手続き、近所で使うお店、新しい部屋などなど落ち着くまで忙しく、また全て新鮮で、失恋の喪失感がだいぶ癒されました。(ゆりね・47才・京都府)

今までは彼とずっと一緒に居ましたが、友達とランチや遊園地など頻繁に出掛けるようにしました。遊園地などで思いっきり叫んだり笑ったりするととてもスッキリして心が軽くなった気がしますよ。それにフリーの友達と恋愛以外の話などして笑あっていると彼のことは思い出さなくなりました。笑顔でいるといいことがたくさん出てきました。(あんころ・20才・福岡県)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+