友達が泊りに来て慰めてくれた。コンパにさそってくれたり男友達を紹介してくれたり・・・(もも・30才・福岡県)

大学生になってすぐ、生まれて初めての彼氏が出来ました。彼は2学年上の同じ大学の先輩で、最初は共通の友達を通じて知り合いましたが、偶然住んでいるマンションが同じだったのでよく2人で会うようになり彼の方から告白されて付き合うようになりました。

初めての彼氏だったので私は彼にぞっこんになりました。人当たりが良く、優しくておもしろい彼は、私の友人達からも評判は上々で彼と付き合っていることがとても誇らしかったです。お互い一人暮らし同士でしかも同じマンションなので、何も予定がない時はほとんどどちらかの部屋に泊まっている感じで半同棲状態でした。

今考えればおままごとですが、当時は新婚気分を味わっているようで毎日が本当に幸せでした。急な私が大学1年生、彼が大学3年生の春から付き合いだし、1年程はそんな感じで楽しく過ごしていました。彼が4年になり就職が決まってからはアルバイトに行っている時間が長くなり、だんだんと一緒に過ごす時間が少なくなってきました。後で考えればその頃から彼の態度もなんだかそっけないなと思う事が増えてきていました。

彼から別れを切り出されたのは私にとってみれば本当に青天の霹靂でした。「アルバイト先に好きな子ができたから別れよう。」と言われたのです。話を聞いてみると、相手も彼に好意を持っているようなので私と別れて付き合いたいと思っていると。私にはどうしようもできませんでした。離れてしまった彼の気持ちをどうすることもできず、1年半ほど付き合った大好きだった彼氏と別れました。

周りの友人達はまさか彼がそんな風に私と別れるとは思わなかったらしく、誰もが私を慰めてくれました。毎日のようにうちに泊まりに来てくれて、ご飯を作ってくれたり一緒にバカ話や別れた彼氏の文句を言ったりして落ち込んだ私を励ましてくれました。そんな友人達のおかげでわたしは失恋から立ち直れたんだと思います。そんなふうに元気づけてもらいながらコンパにさそってくれたり別の男友達を紹介してくれたりしたおかげで彼を引きずらずに次の新しい彼氏も出来たと思います。

(もも・30才・福岡県)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+