ショックで生きる希望を失いました。その後、占いに没頭・・・(奈々・26才・鹿児島県)

私が習い事をしていて、そこで先生として彼氏と出会いました。
最初はなんともなく過ごしていたのですが、何年か経ってから、いつの間にか先生のことが好きになっていました。
先生も同じ気持ちだったようで、先生から告白され、付き合うことになりました。
その時私は22歳でしたが、今まで全然恋愛もしたことがなく、異性ともあまり話したことがなかったので、最初はとても緊張したし、付き合うということに対してわからないことだらけだったので、
不安もありましたが、それ以上に毎日が新鮮で、今までにない幸せを感じながら毎日を過ごしていました。
年上の彼氏だったので、色んなことを教えてもらえたり、連れて行ってもらえたりして、すごく頼もしく感じました。
初めて手を繋いだり、キスをしたりして、すごくドキドキしたし、毎日新鮮な気持ちでした。
2年ぐらいずっと変わらず、同じように楽しい日々が続き、私の中で彼の存在がどんどん大きなものになっていくのが感じられました。
ですが、3年目ぐらいの時に、急に彼の仕事が忙しくなり、会える日も減り、いつの間にか疎遠になっていってしまいました。メールをしても返事が少なくなってきたりして、不安の毎日でした。
そんな時、彼から別れを切り出されました。理由は仕事に専念したいからでした。
なんとなくわかっていたものの、別れを告げられた時は本当にショックで生きる希望を失いました。
最初は苦しい日々でしたが、ある日好きなことができて(占いです)、それに没頭するようになってからは毎日が楽しく、だんだん元気が出てきて、今では新たな人生の楽しみができました。
彼氏以外の趣味を見つけることによって、また毎日を楽しく過ごすことができるようになって、今では幸せです。

(奈々・26才・鹿児島県)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+