失恋ソングを絶対に聞かない

大学時代の彼とお別れしたとき、立ち直るために実践したのは失恋ソングを絶対に聞かないことでした。よく失恋したときこそ失恋ソングを聞きたくなると言いますが、聞けば聞くほど落ち込むのは目に見えていたので、友情ソングや全く恋愛要素のない曲を聞きまくって恋愛モードだった頭を冷静な頭に切り替えるように心がけました。(けむー・26才・愛知県)

新しい習い事を始めました。それも料理教室やお花といった将来の自分に役に立ちそうなものを選んで、密かに「もっと素敵な人に出会ってもっといいお嫁さんになってやる!」という気持ちで通いました。それまではあまり料理もマメに作ることもなかったのですが、レパートリーが増えてくるとだんだん楽しくなってきて、すっかりハマってしまいました。新しいことに夢中になれる新鮮さも加わって、失恋の暗い気持ちも忘れられました。(すちこ・32才・京都府)

私の場合は何か立ち止まった考えをすると落ち込んでしまいそうになったのでひたすら仕事に打ち込みました。そうすると気がついたら昇進しているほどになりその頃にはそういえば別れたなくらいにしか思えませんでした。私の場合は好きな仕事ということもありこういったことで失恋から立ち直りました。他に意識をいかせないように一つのことに集中するのも自分のためになるし悲しんでる顔よりも笑っている顔の方が周りに人も寄ってくるし一石二鳥だと今になっては思います。(もっふる・22才・神奈川県)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+