大学のサークルの先輩に恋した場合…

私は大学のサークルの先輩に恋をしていた時期があり、先輩が結婚したのを機にその恋をあきらめました。失恋はつらかったですが、もっと自分に合う人がいるはずだと考えるようにして、先輩へのこだわりを捨てるようにしました。そう考えていくうちに、先輩以外にも自分に合いそうな人がいることに気づきました。あまり一人の人にこだわりすぎるのもよくないです。(neko・32才・東京都)

「バイト(仕事)に励む」ことです。私はバイト先で出会った人と付き合っていて、彼の卒業とともに遠距離になることが理由で別れたのですが、逆にそのバイトをさらにがんばりました。それで、バイトの思い出が「彼との思い出」だけでなく「学生時代にがんばったこと」として考えられるようになり、少しずつ前に進んでいけたと思います。(ぱっこーん・23才・千葉県)
別れる時にはなんらかの理由があって別れることになっていると思います。
だからこそ、相手の嫌なところや不愉快だった体験やエピソードを思い出してこんな人となんで付き合っていたのだろうと気持ちを切り替えるようにしています。
思い出は、美化されがちです。だからこそ嫌だった部分に目を向けることで戻りたい欲求はなくなりました。(ちっち・26才・熊本県)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+