空港で携帯の電源を入れたら彼氏からの別れのメールが…

大学4年生の時、卒業旅行から帰ってきて、空港で電源を入れたら、彼氏からの別れのメールが入っていました。
私は気が動転して、楽しかった卒業旅行の思い出が一瞬で消えてしまいました。
その時一緒に旅行に行った親友が、そのまま家に来てくれて、ずっと側にいて話を聞いてくれました。
おいしいケーキ屋さんに連れて行ってくれたり、買い物に行ったり、気を紛らわしてくれたので、悲しみが和らぎました。
失恋したときは親友と一緒にいるのが一番です。(ゆみか・27才・愛知県)

大学生2年生の時、当時付き合っていたサークルの先輩に浮気をされて別れました。
悲しくなったときは恋愛ソングをエンドレスで聞いて、わざと自分を悲しい気分にして、思いっきり泣きました。
自分の状況にぴったりな曲を探して、その歌詞と自分を重ねていました。
今思えば、悲劇のヒロインぶっていたと思います。でも思いっきり泣くとすっきりするので、3~4日くらい経つと、泣いてるのがばかばかしくなり、すぐ立ち直りました。(ゆみか・27才・愛知県)
付き合っていた彼が既婚者だと知り、ショックでしたが関係を続けるわけにもいかないのでお別れしました。今まで騙されていたことにショックを受けました。次の恋愛に向かえるほど気持ちも切り替えられなかったので、しばらくは仕事に打ち込むことにしました。前よりも精力的に働き、ステップアップするために新たに資格を取得することを目標にして勉強もしました。時間が経つと共に失恋の傷も癒え、仕事の面でも成長することができました。(れんれん・28才・神奈川県)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+