失恋後、思い出の場所に行きたくなる

失恋後はどうしても好きだった人と一緒に行った思い出の場所に足を運びたくなってしまうので、行った事のない土地に1人旅をして、そこでたっぷり感傷に浸ります。旅行という短い時間でも、そこでの新しい経験や思い出が行き詰った心をリフレッシュさせてくれるので、相手に執着していた気持ちが和らぎ、ポジティブになれます。(みきこ・34才・東京)
相手の悪い点をたくさん挙げて、別れを正当化する、です。例えば太っていたとか、ケチだった。とか、この先例えば結婚していたとしても、太い→健康管理がタイヘンだったり、早死にされたり。ケチ→生活に潤いがなく、疲れ切った結婚生活を送る。など、想像することで、「あぁ、別れてよかった」と思えるのです。私はこれで、3回の失恋から立ち直っています。(さっちん・43才・大阪府)

1年半付き合っていた同じ大学の彼から突然別れようと言われて、彼のことがまだ好きでしたが別れました。持っていた彼の写真を目につかないように箱に入れて押し入れの奥にしまい、一晩中ただ泣き続けました。翌日大学で友達に別れたことを話したら、講義の後ファミレスに誘ってくれて、いちごパフェを食べながら彼との話をただただ聞いてくれる友達に癒されて、立ち直ることができました。(pom・35才・青森県)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+