お酒を飲みながら泣きながら寝る

とにかく泣く。仕事をしている時は仕事に集中しているので失恋相手の事は思い出しませんが、仕事が終わって自宅へ帰ってお風呂に入っている時に始まり、半身浴しながら泣く。ご飯を食べながら泣く。お酒を飲みながら泣きながら寝るなど、とにかくひとりの時間はずっと泣いて過ごしていました。

どん底の気持ちになるまで泣きじゃくると、ようやく立ち直ろうという気分になってきます。(さえ・37才・長崎県)

 

5年間つきあった彼に突然(しかも電話で)ふられた時の話です。他に好きな人ができたとのこと。私としては、初めての彼だったので、ぽっかり穴があいて何も考えられない状態になったのですが、こちらから未練たらしく一切連絡をしませんでした。これで立ち直ったと言えるかわかりませんが、とにかく毎日泣きました。会社でも暗い顔をし続けました。友人の前でも泣きたい時は泣き続けていますと、いつの間にか彼のことを考えない時間が、少しずつ増えていることに気付きました。泣きたい時は泣くといいんだ!と思いました。(さっちん・43才・大阪府)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+