8歳年下の彼氏に捨てられたという屈辱

8歳年下の彼氏と別れた時のことです。年下に捨てられたという屈辱で自信を無くしてしまいましたが、ある日美容院に行った時に美容師さんから容姿を褒められて気分が良くなったので、それ以来、嘘でもちやほやしてもらえる場所に出掛けるようにしました。美容部員やショップの販売員さんに褒められる、年上の男性からまだまだ若いよと言われる、その積み重ねで、自分はいい女だと思い込むことで立ち直るきっかけにしました。(あゆみ・37才・兵庫県)
食べ放題にいって好きな物をひたらすら食べるとすっきりします。スウィーツなど甘い物はイライラや悲しみを忘れさせてくれます。だいたいスウィーツ食べ放題だと男性も少ないので男性の事を忘れて集中できます。1人でいくよりも友達と一緒に行くことをオススメします。友達と行くことにより思い出も食べるつもりで話しながら吐き出して下さい。(ゆい0802・26才・東京都)
友人を誘って遊びまくることで立ち直りました。毎日のように、お金の許す限り飲み歩いたりカラオケに行って大声を出すなどしてストレス発散をしました。
また、友人の胸を借りてわんわん泣きました。泣いて泣いて泣き尽してそのまま疲れ果てて寝るという毎日でした。するとスッキリしていつの間にか立ち直っていました。
友人には感謝です。(むぎちゃん・27才・東京都)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+