フラれたときはお皿を割って鬱憤を晴らす!

私は1人目の彼氏にものすごいひどい言葉を投げかけられ、大泣きしながら別れられ、連絡手段もブロックされてどうしようもなくなりました。
その時にとった行動が、とにかく泣き叫ぶものを殴る投げるということです。
幸い家には庭があったので、いらない木の枝や古くなったお皿などを投げて割ったり折ったりして、鬱憤を晴らしました。
また、後片付けをするのも当然自分なので、後片付けしているときに、なんて馬鹿なことをしているんだろう、あんな奴のためになんでこんなこと、と思い、吹っ切れました。(りゅか・25才・山口)

 

自分の趣味に没頭しました!
ゲームやおかし作りが好きだったので空いてる時間にはゲームでストレス発散を行って夜にはケーキやクッキーを焼いたりしました。
食べると太ってしまうのでバイト先に持っていって配っていました。
自動的に私の株も上がりましたよ(笑)
好きな事が終わるとまた辛い感情が蘇りましたが、それも時間が経てば減っていきました。(まめちゃん・26才・宮城県)

 

長いこと付き合ってた彼氏と別れた時は、ベタですが女友達に励ましてもらって立ち直る事が出来ました。毎日話しを聞いてもらったり、気分転換にカラオケや飲みにいって考えないようにしてくれました。そのおかげで、彼氏がいなくても友達がいればいいや!っていう気持ちになることが出来、すぐに立ち直る事ができました。友達に感謝です。(だいごろう・27才・福岡県)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+