転職で悩み、彼に八つ当たり。「別れてほしい」と言われた。(いつみ・27才・岩手県)

その彼とは、友人の紹介で知り合いました。男女混合のグループで遊んだ時に初めて会って仲良くなり、その後ふたりでデートするようになったのがきっかけで付き合うようになりました。彼はとても優しくて、ちょっと頼りないけど私は大好きでした。私が何かを怒っても笑って許してくれたり、穏やかに見守ってくれるような心の広い男性でした。

付き合って1年ほど経った頃、私は仕事に悩んでいました。人間関係もうまくいかなくて、仕事も好きじゃないから続けようか転職しようか迷っていたり。そのせいかいっぱいいっぱいになっていた私は、彼に八つ当たりすることが多くなっていました。彼は私が悩んでいるのを知っていたせいか私を責めることはせず、いつものように穏やかに接してくれていました。でもそれが当たり前のようになっていた私は、彼に甘えて八つ当たりしていたのです。

それから3ヶ月ほど過ぎた頃、彼に突然「別れてほしい」と言われました。私が荒れている時、私にどう接していいかわからなくて悩んでいた。そんな時にとても優しい女性と出会った。その女性といるとほっとして癒された。いつの間にかその女性のことが好きになっていて、もう私とは付き合えないと思った。ということを淡々と説明されました。私はそこでやっと、自分はなんてことをしたんだろうと気づきました。彼は何も言わなかったけれど、本当は辛かったんだ、それを私は気づかずに甘えてばかりで。そのことを必死で謝りましたが、彼の気持ちはもう変わりませんでした。私は別れてあげるのが彼にしてあげられることだと思い、別れることにしました。1年3ヶ月のお付き合いでした。

それからはショックで仕事にも身が入らなくなり、気持ちも不安定になっていました。彼のことが忘れられなくて苦しんでいました。それを見かねた友人達は遊びに連れ出したり、話を聞いてくれました。それで少しずつではありますが、気持ちも落ち着いてきました。友人のひとりが「失恋を忘れるためには新しい恋をすればいい」と言って、何人か男性を紹介してくれました。最初はちょっと気乗りしない部分もありましたが、その中のひとりの男性と徐々に仲良くなり、その男性とお付き合いすることになりました。それでも元彼を思い出したりすることはありましたが、新しい彼もそれを知ってか気をつかってくれたり、気を紛らわせてくれたり。私もだんだんと新しい恋の方が楽しくなってきて、元彼のことをいい思い出にすることができました。もう二度と同じことは繰り返さないように、相手を大事にするように考えながら行動しています。

(いつみ・27才・岩手県)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+