彼の部屋に掃除をしに行ったり、料理を作りに行ったりするのが、楽しくて…(メメ・47才・鹿児島県)

7才年下の彼と付き合っていました。大恋愛で一緒になりました。私は仕事が終わってから、彼の部屋に掃除をしに行ったり、料理を作りに行ったりするのが、楽しくて、週末は、二人であちこち出掛けるのが、楽しみでした。

彼とデートで入った店に、彼の元カノが勤めていました。偶然の再会だったのですが、その辺りから彼の私に対する態度が変わって行きました。

彼は私を煩わしく思うようになりました。一緒に出掛けたりするのも、もう、苦痛のようで、とうとう「友達に戻りたい」と言われました。

どうやら元カノと、また会い始めたようでした。とても悲しかったけど、もう、私の事を女性として見る事が出来ない、と言われては、仕方がありません。泣く泣く身を引きました。

それから、何年かたち、私も別の男性と縁があって、結婚しました。結婚生活ももう10年たとうとしていた頃、たまたま買い物に行ったスーパーマーケットの駐車場で、彼に再会しました。

本当にバッタリ出会ったのです。最初分かりませんでした。何故かと言いますと、彼は激変していたからです。見るからに生活やつれしてしまっていたのです。

スポーツカーが好きで、私を隣に乗せて遠出をするのが好きでした。その彼が、軽自動車に乗って、スーパーの袋を両手に下げた、これまた生活臭のすごい、奥さんらしき女性を乗せている様は、私にはショックでした。彼は私に気が付いて、私を凝視しています。私は、大きな車に犬を乗せていました。彼の隣で奥さんは大っぴらにレシートを広げて、なにやら計算をしているようでした。

奥さんがレシートをしまうと、彼は車を動かし、急いで駐車場を出ていきました。

(メメ・47才・鹿児島県)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+