音信不通となっていた元カレが父親になっていた!(りーあ・31才・長野県)

現在は小学生の子どもを持つ専業主婦です。先日、学生時代に住んでいた街を久しぶりに訪れたところ、元カレに偶然会ってしまいました。元カレと付き合っていた頃、いつも待ち合わせをしていた駅でのことです。

今から10年ほど前、当時流行りだしたばかりのSNSでのやりとりをきっかけに、わたしたちは出会い、交際を始めました。お互い大学生だったので、卒論や就活などの相談をしながら、同じ時間を過ごしていました。しかしながら、出会った場がSNSであったことの不安定さやカレとの将来像を描けなくなってしまったため、交際期間は短く別れることになっていまいました。別れた後は、共通の友人などもおりませんでしたので、音信不通の状態でした。わたしは地元に戻り、数年働いた後、現在の夫と結婚をし、家庭を築いています。

交際期間が短かったからかもしれませんが、夫以外の男性と言えば、その元カレのことしか思い出せないのです。当時の自分の元カレへの想いがどんなに大きかったのか、今更ながら気付くのです。そんな時、偶然、元カレに会ってしまったのです。後姿で気がつきました。あるお店の中での出来事であり、元カレと一瞬目が合いましたが、言葉を交わすことなどなく、お互いの家族との時間に引き戻されてしまったような感覚でした。

元カレが父親になっていたことへの驚きと安堵でいっぱいになりました。音信不通となっていたこの10年もの間に、それぞれの毎日があったことを改めて感じました。お互いが暮らしの中で、幸せを見つけていたようです。一瞬の出来事でしたが、再会できて良かったです。

(りーあ・31才・長野県)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+