私がアパートの部屋に帰るとなんと元彼がいました。大家さんに、弟だといって、鍵を…(スパークリング・40才・埼玉県)

私が元彼のSと初めて会ったのは、私の当時の彼が、留学する時に成田空港に見送りに行った時です。Sは、当時付き合っていた彼の高校の時の部活の後輩でした。当時の私の彼は、留学したとたん、アメリカで好きな人ができたということで、私は、メールで軽く振られてしまいました。そんな時、慰めてくれたのが、Sだったのです。

Sは私より、年下だったので、まるで、異性を感じていなかったので、私のアパートにSが夜などに、頻繁に遊びに来ても、全く気になりませんでした。しかし、その気にならなさが、いつしか、居心地のよさに、変わり、熱烈な愛情ではないけれど、家族のような温かい愛情をSに感じるようになりました。

ある日、Sは成田空港で私と初めてあった時から、気になっていたと告白してくれて、私達は付き合うようになりました。Sはとても家庭的な男子で、私のお弁当を作ってくれたり、私の部屋の掃除をしたり、お花やハーブを育ててくれたりしました。

しかし、そんなSが、1年もたつと豹変しました。わがままを言ったり、怒鳴ったりなど、やんちゃな子供のようになってきたのです。そして、浮気が発覚し、私は、二度と会わないと宣言し、別れることになりました。

別れてからも、Sには、情が湧いていたので、二度と顔も見ないで、早く忘れて、私は次の恋をしようと思い、大学の勉強や、塾でのバイトに集中する日々を送っていたある日、私がアパートの部屋に帰るとなんと、Sがいました。大家さんに、弟だといって、鍵をあけてもらったということでした。私は、浮気をされて、自分が振られたようなものなのに、どうして、Sはいつまでも、私に執着するのだろうかと困惑しました。しかし、もう、2度と、勝手に人の部屋に入らないように、告げ、次回があったら、通報するといって、Sを部屋から出しました。

当時、Sの行動は不可解でしたが、Sが私に家族のような情を感じていて、好きな女性はつくるけど、私とも関わっていたいというわがままな感情をだしていたのだと思います。今となっては、そんな子供っぽい人と別れられて、よかったと思い、浮気してくれたSに感謝すら感じています。

(スパークリング・40才・埼玉県)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+