将来・性格・癖などが耐え切れず半同棲の彼と別れた。「ヨリを戻そう」と言い寄られ…(さより・25才・神奈川県)

もう、本当に最低な思い出です。

元カレと別れたのは、つい一ヶ月前のこと。私の中で、付き合い方とか、将来のこととか、性格のこととか、クセのこととか、日常茶飯事のほんの小さなイライラが積み重なって、耐えきれずに一方的に別れを切り出し半同棲していた家を飛び出しました。

そんなひどい別れ方をして、悪かったなとは、思っています。努力をすればよかった、とも。だけど、あんなに好きだったカレを、ある日突然生理的に無理!となり、それからは一緒にいるのが耐え難くて!

だけど、どうしてもカレの家に置いていた私物を引き上げなければいけません。個人的に大切にしていた漫画だけは、絶対に、引き取りに行かなくては。

そして、イライライライラしながら約束を取り付けて、先日、会ってきたのです。

言わずもがな、雰囲気は最悪です。

なぜ別れなければいけなかったんだと問い詰められ、俺だってお前のここが気に入らなかったと責められ、俺のなにが悪かったんだと泣き落とされ、ヨリを戻そうと言い寄られ、それがダメなら友達でいようと宥めすかされ…。

だけど、もうヨリなんて戻せません。友達ですらいられません。

カレが私といるために努力をしてくれていたのはわかっています。それをなにも言わず一方的に、別れる!だなんて言った私の方が大人気ないと。でも、もう、一緒にいるのが耐えられなかったんです。

帰り道で、引き上げてきたわずかな私物をまとめてゴミ収集所にぶち込んできました。多少高価な化粧品とか入っていたのも全部まとめてぶち込みました。

元カレとの間に残ったのは、いがらっぽく気まずい後味と、私個人所有の漫画だけでした。

(さより・25才・神奈川県)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+