彼は三つ年上で、LINEで頻繁に連絡するようになっていき…(めさ・21才・奈良県)

私と彼が出会ったきっかけは、大学の授業を通してでした。彼は三つ年上で、大人っぽくてカッコいいという印象を持っていました。授業中少しずつ言葉を交わすようになり、LINEで特に用もないのに頻繁に連絡するようになっていきました、そんなある日、彼からデートに誘われました。デート中いきなり手を繋がれたり、積極的な彼に落ちてしまい、勢いで私の方から告白し、その日から交際がスタートしました。

彼のことは凄く好きでした。しかし、彼と会うことに凄く緊張していました。年上だからということももちろんありましたが、それだけではありません。付き合ってから気づいたのですが、彼は口数が少なく会話がなかなか続きません。それに、私の趣味などに無関心で冷たい態度を取ることがあり、私は密かに傷ついていました。クールで気難しい面があったのです。デート中に一度、嫌われたのかと勘違いして私が急に泣き出してしまい、彼を困らせることがありました。それからも、彼の冷たい態度怖い。一緒にいるのが辛い。何故こんなに辛いのか、毎日悩んでいました。彼も私と一緒にいても楽しくないと感じたのか、次第に会うことも連絡もしなくなり、私から別れを告げました。

今まで彼のことばっかり頭にあって辛かったのですが、別れた途端、すごく気が楽になりました。一緒にいても苦痛なだけの彼とは、どうせこうなっていただろう、とすぐに立ち直りました。しばらく経って、今現在では一緒にいるだけで楽しいと思える男性が一人います。まだ付き合ってはいませんが、多分その彼と私は両想いだと思います。彼は私を幸せにしてくれる。そう信じています。

(めさ・21才・奈良県)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+