エステに通い、フェイシャルとボディの引き締め、脱毛などを一気に始めました。(まほ・32才・愛知県)

私は20歳のとき、男友達に誘われて初めてクラブに遊びに行きました。
友人はクラブでDJをしていて、それを見に行ったとき、同じくDJをしていた男性を紹介されたのです。

その人は一見普通でどこにでもいそうな容姿でしたが、自分に対して「こうあるべきだ」という強いこだわりを持っている偏屈な人でした。
でもなぜか私は彼がすごく素敵に思えて、連絡先を交換してからアプローチしていたんです。

何度かご飯にも行き、彼も一緒にいて楽しそうにしてくれていたので思い切って告白したのですが、「俺と付き合うならもっと外見を磨いてほしい」と言われたのです。
「努力してくれるなら付き合ってもいいよ」と言われ、驚きましたが付き合いたい一心だった私はその条件を受け入れました。

ですが、それまで美意識があまりなかった私は何をすればいいのか分からなかったのです。
私は痩せ型で顔は童顔。
彼の理想を聞いていると「モデル並みに細くてキレイな人」。
私の体型は細いうちに入らないと言われ、健気に自分なりにダイエットをしたり、メイクを変えてみましたが、付き合って1年くらいで些細なケンカをしてしまい、外見を否定されていたこともあり破局してしまいました。

振られてから私は無性に悔しくなり、外見を否定され続けた1年間を見返したくなりました。

それからエステに通い、フェイシャルとボディの引き締め、脱毛などを一気に始めました。
メイクや髪型もこだわるようになり、自分をキレイにするためなら何でもやりましたよ。
そんな生活を続けていたら、自然と美意識を持つようになり、自分に自信が持てるようになりました。
すると、いろんな人からモテるようになりまして、素敵な恋愛にも巡り会えました。

失恋したときの悔しさをバネに自分を磨くことで、新たな出会いを掴めたと思っています。

(まほ・32才・愛知県)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+